子供の矯正歯科・小児矯正の種類とは?



お子様の乱れた歯並びをそのままにしておくと、虫歯や歯周炎などのリスクが高まったり発音や滑舌が悪化する原因にもなってしまいます。そのようなリスクを減らすためにも、子供の矯正歯科について理解しなければなりません。今回は、子供の矯正歯科の種類についてご説明します。



子供の矯正歯科とは?大人との違い


子供の矯正歯科とは、子供の時期に行う歯の矯正治療のことです。歯の矯正治療自体、大人になってからでもできますが、子供と違い大人の場合は顎の成長が完成されているため、歯が動きにくいです。そのため、長期的な治療となってしまいます。一方、子供のうちに矯正歯科治療を行うことで、顎の成長を正しい方向に導きながら、永久歯が適切な位置になるように整えられます。実際に、子供の頃から矯正歯科治療をしておくと、以下のようなメリットが期待できます。

● 顎の成長のバランスが整えられる ● 永久歯での矯正期間が短くなる ● 抜歯の可能性を軽減できる


このようなメリットにより、大人になってからの矯正費用と手間暇・時間を省く事が可能です。健康的な歯を手に入れるためには、大人になる前から矯正歯科治療を行うべきでしょう。



子供の矯正歯科の種類


子供の矯正歯科の治療方法には、以下3つの種類があります。それぞれ、目的や特徴が異なるため、事前に確認しておくことが必要です。



装置型矯正装置


装置型の中にも、以下2つの種類のものがあります。

● 拡大装置:拡大床、アクチバトール、バイオネーター ● 顎外装置:ヘッドギア、チンキャップ、上顎けん引装置


拡大装置とは、上顎の横幅を拡大してスペースを作ることを目的としている装置です。永久歯が全て生える前に取り付けることで、永久歯が綺麗に生え揃うスペースを確保できます。顎外装置は、顎の成長をコントロールするため、顔の外を固定する装置です。顎やおでこに固定を求めて矯正力をかけて、綺麗な歯並びや舌運動機能の改善効果も期待できます。このように、矯正装置を取り付けることによって、歯や顎の骨に力をかけて歯ならびと噛み合わせを治します。



ワイヤー型矯正装置


ワイヤー矯正とは、歯の表側にブラケットと呼ばれる装置をつける矯正方法です。一般的な矯正方法として有名であり、ワイヤーが引っ張る力で歯並びを整えます。歯の表面にワイヤーをつけることに抵抗がある方もいますが、装置が外側にあるため、舌の邪魔にはなりません。そのため、食事や発音に悪影響を及ぼすことはないと言えます。



マウスピース型矯正装置


マウスピースとは、ワイヤーやブラケットなどとは違い、透明なプラスチック型の装置のことを指します。取り付けることで、舌の位置を適切な形へと導き、正しい歯並びへと矯正できます。子供用のマウスピースとして、主に以下4つの種類があります。

● ムーシールド ● T4K ● インビザライン ● マイオブレースシステム


「ムーシールド」は、就寝するときのみに使う取り外し式の矯正装置です。取り付けることで、下の歯が前に出ることを防ぐ効果が期待できます。 「T4K」は、就寝時以外にも日中の短時間で使用できる矯正装置です。口腔筋を鍛えられるため、口呼吸を改善できる効果が期待できます。 「インビザライン」は、矯正装置の素材が透明であることが特徴です。取り外しが簡単であるため、口の中の粘膜に当たって引き起こす痛みや口内炎ができるなどのトラブルが軽減できます。

「マイオブレースシステム」は、不正咬合の原因を治療する矯正装置です。装着することで、顎や口の周りの筋肉などの成長を促し、綺麗な歯並びを実現できるようになります。



子供の矯正治療はいつから始めたらいい?


子供向けの矯正歯科治療の種類以外にも、いつから矯正治療を行えばいいか気になる方も多いはずです。結論からお伝えすると、子供の矯正治療には「第1期治療」と「第2期治療」があります。



第1期治療


第1期治療は、乳歯もしくは乳歯と永久歯が混ざっているお子様が対象となります。目安としては、6歳ごろから小学校低学年くらいです。この期間では、主に骨格の矯正が必要です。上下の顎の骨が成長する時期であり、永久歯が綺麗に生えてくるように、スペースを確保するような治療を行います。顎の骨を拡大したり顎周りの筋肉の発達を促したりして、正しい位置に永久歯が生えるようにする期間と言えます。



第2期治療


第2期治療は、永久歯が完全に生え揃っているお子様が対象です。目安としては、12歳以降の子供が該当します。永久歯が生え揃っていることから、顎の成長もほぼ完成しています。そのため、歯並びを改善する治療が必要です。顎の成長に合わせて、装置を使用して歯並びを整えていきます。基本的に治療方法は、大人の歯科矯正治療と大きく変わりはありません。ワイヤーやマウスピースなどを用いて、綺麗な歯並びを実現できるでしょう。



子供の矯正治療についてのまとめ


子供のうちから矯正歯科治療を行うことで、顎の成長を正しく行いながら綺麗な歯並びを手に入れられるようになります。装置やワイヤー、マウスピースなどを活用し、お子様を健康的な歯へ導けるほか、大人になってからの矯正の手間や時間、コストを抑えることが可能です。ただし、矯正歯科治療といっても、お子様の歯や顎の成長具合によって、治療方法も使用する装置も異なります。正しい治療を行わなければ、お子様の歯に支障をきたすことにもなりかねません。もし、お子様の歯について気になる方がいましたら、一度当院へご相談いただければと思います。






閲覧数:23回